FC2ブログ
大ぼけえいこまんが周りのおもしろいもん、おかしなもん、おすすめもんの話を書いていきます。さらっと読んでね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15-19歳
2014年02月15日 (土) | 編集 |
エ〇ィオンに行ってぶらぶらしていたら、あら…年齢によって血圧って平均が違うんね。ふぅーん…で、私は何歳ぐらいなん?

そう思って計ってみたりなんかしました 

で、表を見てみたら…

うえっ… 

私、15-19歳の平均とほぼ同じじゃが…えっ…私ってすごくない?と、その時はそう思ったんだけど、考えたら、どこも悪くない人って普通はそれぐらいよね。

喜んで損した…いや、損はせんけど、喜ぶほどのことじゃなかった…
オリンピックのフィギュア、羽生選手、金メダル…すごいよね。でも、あの子ならもっともっといい演技ができたと思うので、私的には感動が今一つやった。あの子は失敗しないと思っていたんよ。オリンピックはあれだけの選手にとっても特別なんだね。金メダルは、若いのにわき目も振らず、自分自身を節制して努力してきたこと、仙台出身で地震を経験し、いろんな思いを乗り越えてきたことへのご褒美だよね。これからどんな選手になっていくか楽しみです。

私はね、高橋大ちゃんの演技の最初の曲、♪YESTERDAYが流れてきたときに、涙があふれてきた。ホッケーのチームを見学に行ったはずなのに、その前の時間に練習していたフィギュアをやりたいって言って、フィギュアを始めたことを以前倉敷のアイスホッケーチームの人から聞いことがある。お母さんの頑張り、見守り一番のファンであったおばあさん、応援してくれた地元の人たち、指導者や仲間のこと、多くのファンの人たち、そして自分自身…いろんな人への思い、感謝を込めての集大成の演技は本当に素晴らしかった。

大ちゃんがいなかったら、今の日本の男子フィギュアのレベルの高さ、層の厚さはなかったと思う。お疲れ様。そうして一ファンとしてありがとう。

羽生選手が、そうして町田選手、小塚選手、それから坪井選手が、人としていろんな経験を積んで、それをこれからの演技に生かしてくれることを楽しみにしている。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。